大人ニキビ 原因

MENU

大人ニキビはどうして出来る?思春期ニキビとは違うの?

大人ニキビ 画像

ニキビというと一般的に思春期の頃に出来るイメージですよね。

 

思春期の頃悩まされたニキビは落ち着いたけれど、
大人になってからまたニキビが出来て悩んでいる。

 

しかも大人になってからの方が治りにくい

 

そんな人も少なくないのではないでしょうか?

 

 

では、大人になってから出来るニキビというのは、
思春期の頃のニキビとは何か違うのでしょうか?

 

ここでは、大人ニキビとはどういうものなのか、
原因や思春期ニキビとの違いについて説明していきたいと思います。

 

 

大人ニキビとはなんなのか?

 大人ニキビ 画像

 

20歳以上の人に出来るニキビを指して大人ニキビといいます。

 

あごのラインや口周りなどに出来やすく、繰り返しやすいのが特徴で、
治り難く跡に残りやすいという厄介な特徴があります。

 

ニキビが同じ場所に繰り返し出来ると、皮膚の同じ場所への
ダメージが大きくなってしまいます。

 

その為、治ったとしても跡に残りやすいのです。

 

 大人ニキビ 画像

 

また、大人ニキビにはいくつか種類があります。

 

初期段階の白ニキビ
毛穴の中で皮脂が溜まって出来る黒ニキビ
毛穴に炎症が起こり腫れ上がった状態の赤ニキビ
赤ニキビの炎症が悪化し化膿した黄色ニキビ

 

下に行く程、悪化した状態でニキビ跡も残りやすくなります。

 

大人ニキビは予防や早目の対策が重要です。

 

 

大人ニキビの原因は?

 

ターンオーバーの乱れ

大人ニキビ 画像

 

大人ニキビの主な原因は肌の新陳代謝のサイクルである
ターンオーバーの乱れにあります。

 

肌の新陳代謝が悪くなると、古い角質が上手く排出されなくなり、
古い角質が毛穴を塞いでしまいます。

 

また古い角質が肌に蓄積すると角質層角質全体を厚くし、
毛穴は更に詰まりやすい状態になってしまいます。

 

 

ターンオーバーが乱れる原因は、年齢と共に代謝が悪くなることや、
日々のストレスや睡眠不足、喫煙、栄養の偏りなどがあります。

 

 

肌の乾燥

 大人ニキビ 画像

 

肌の乾燥は角質を厚くし堅くしてしまう原因でもある為、
大人ニキビを更に悪化させてしまうことになります。

 

肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下してしまい、
毛穴を詰まらせる角線が出来やすい状態になってしまいます。

 

年齢と共に肌が乾燥しやすくなる他に、
ニキビ対策にと必要以上に洗顔すると必要以上に皮脂を落として、
肌の乾燥を引き起こし、逆に大人ニキビの原因になります。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

 大人ニキビ 画像

 

ホルモンバランスの乱れも、大人ニキビが出来る大きな要因です。

 

なぜホルモンバランスが乱れると大人ニキビが出来るのでしょうか?
ホルモンの働きなどと共に説明します。

 

 

まず、男性ホルモンが増えるとニキビが出来やすくなるとされます。

 

男性ホルモンには皮脂の分泌を促す働きがあり、
必要以上に増えた皮脂が毛穴を詰まらせ大人ニキビの原因になります。

 

 大人ニキビ 画像

 

次に女性ホルモンですが、エストロゲン(卵胞ホルモン)と
プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

 

エストロゲンには皮脂の分泌を抑え、肌の潤いを保つ作用があります。
男性ホルモンとは逆の働きです。

 

プロゲステロンは男性ホルモン同様、皮脂分泌を促します。

 

生理前は大人ニキビが出来やすくなるのは、
プロゲステロンの分泌が増えることによる影響とされてきました。

 

ですが、実際のところはっきりとは解明されていないようです。

 

 

活性酸素の増加

大人ニキビ 画像
活性酸素は免疫力を低下させる為、ニキビの原因である
アクネ菌の活動を抑えることができなくなります。

 

 

また活性酸素は毛穴に詰まった皮脂を酸化させます。
皮脂は酸化すると過酸化脂質と呼ばれるものになり、
これが肌を刺激し、炎症を起こします。

 

ニキビが炎症を起こすとアクネ菌の増殖を抑える為に
白血球がアクネ菌を攻撃して退治するのですが、
この際にまた活性酸素が発生します。

 

アクネ菌の増殖は抑制されるものの、発生した活性酸素により
肌はダメージを受けるので、ニキビが跡に残りやすくなります。

 

 

活性酸素が体内で発生される要因としては、紫外線を浴びる、
ストレス、睡眠不足、喫煙などがあります。

 

 

飲酒や喫煙によるビタミンの大量消費

 大人ニキビ 画像

 

ビタミンは肌を綺麗に保つ上で重要な役割を持っています。

 

しかし飲酒によってビタミンB郡を、喫煙によってビタミンCを
大量に消費してしまうことが分かっています。

 

栄養素が不足すれば肌に回る分が足りなくなり、
肌が荒れやすくなりますし、大人ニキビも出来やすくなります。

 

 

思春期ニキビとの違いは?

 大人ニキビ 画像

 

思春期に出来るニキビはホルモンバランスの変化によるもので、
これは第二次性徴が原因です。

 

ホルモンバランスとニキビについては大人ニキビの原因でも
触れましたが、皮脂の分泌が活発になりニキビが出来ます。

 

しかしこれは一時的なもので、思春期が過ぎてホルモンバランスが
整うと落ち着いていきます。

 

 

因みに、思春期ニキビはTゾーンに出来やすい特徴がありますが、
大人ニキビは顎や口周り、フェイスラインなどUゾーン
出来やすいという違いもあります。

 

 

まとめ

 大人ニキビ 画像

 

思春期ニキビと違って、大人になってから出来るニキビには
様々な要因が複雑に入り混じっていることがあります。

 

飲酒や喫煙、仕事によるストレスや睡眠不足、食生活の乱れ、
生理や老化によるものなど…。

 

まずは自分自身の生活習慣を振り返ってみて、
大人ニキビの原因になっていることを見つけてみて下さい。